二十一世紀をむかえてひとりひとりが素敵な生き方をしたい。
そのささやかな足がかりとして「本が身近にあるくらしを」と願い発行を思いたちました。
すぐれた本は私たちを楽しませ生きる力を与えます。
「心のガーデニング」は、「読書の愉しみ」にまつわるメッセージを
皆様にお届けする福岡発信ブックガイドです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
心のガーデニング11・12月号まもなくできあがります!
 「心のガーデニング」の11・12月号
まもなく発行となりました 

今号では、北海道の天塩川の支流・名寄川のそのまた支流の
小さな川・サンル川と、そこに住むサクラマスなどの生き物たちを、
ダム建設から守るためにつくられた絵本
「世界にたったひとつのサンル川」
をご紹介いたします。

sannru

サンル川を守る会HP

「心のガーデニング」11・12月号
特集 序文より(一部抜粋)〜

「 手のひらサイズの
 小さなパンフレットのような絵本が届いた。

 届けてくださったのは北海道大学大学院地球環境科学研究所教授の
小野有五先生。

〜中略〜

  サンル川は天塩川の支流の名寄川のそのまた小さな支流。河口から200キロメートルの
 ところにある。サクラマスはこんな長い旅をしてサンル川を遡上して産卵するのである。

〜中略〜

  そんなサンル川にダム建設の話がもちあがった。
 目的は名寄市を洪水から守るためだと
いうが、
 名寄市には立派な堤防があり洪水の危険はないという。


  ダムができればサクラマスも生存できなくなるし、
 周辺の下川町は建設時だけでなく

 その後も営々とダム維持のための負担金を払い続けなければならない。

  下川町はCO2を16%減らすためバイオマス・ボイラーを導入したり
 植林活動を
行ってきて、「環境モデル都市」にも選ばれたが、
 ダム建設によって4万トンもの
CO2が発生すればその努力も焼け石に水である。

  この夏の政権交代によって、国の予算を衆目の中で「仕分け」するという
 試みが始まった。密室の中で決められていた予算を白日のもとにさらし
 要、不要を決めることに対しては
様々な意見があろう。

 大きな予算(とくに公共事業)にはとかく大きな利権がからむ。

  そういうものに目をつぶって日本の山河を荒らしてきたつけが今まわってきている。
 取り返しのつかないことになる前に小さなことからでも声を上げたい。

  サンル川もこの絵本もじつに小さい。
 が、林 恭子さんの手になる柔らかい水彩画と
ともにこの絵本が
 静かに主張するものは実に大きい。  (池田 典子)」


出来上がるのをどうぞたのしみにお待ちください!

連 載・・・
○ 今月の一冊    ・・・ 池田 典子
              (
ギャラリィー・カフェゆずりは オーナー) 
○ 未明童話を読む  ・・・ 飯田 正美 (筑紫女学園大学 名誉教授)著書へ
○ リアスの海辺から  ・・ 
畠山 重篤 (牡蠣の森を慕う会 代表) 著書へ
○ 出版編集の現場から ・・ 別府 大悟 (
海鳥社
○ この一冊とこの一枚 ・・ 深井 美登里 (チェンバロ奏者)
○ 古典の中の生活  ・・・ 末澤 明子 (福岡女学院大学 教授)
○ 家読(うちどく) ・・・ 百田 乃里子 (中学校図書館 事務)
○ アランタ・トラディショナル・ヒーリング
           ・・・ 飯嶋 秀治 (九州大学 準教授)
研究室HPへ
○ 一貴山だより   ・・・ 鏡山 悦子 (自然農法家)
著書へ

ブログランキングへ

ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ人気ブログランキングへ
| 発行について | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
心のガーデニング9・10月号完成!
 心のガーデニング9・10月号が完成しました

これから、順次定期購読の皆さまに発送いたします。

また、BOOKSキューブリックでも販売致しております。

ご注文は、年間定期購読(年6冊・送料込み)で1,000円で受け付け致しております。

ご質問・お問い合わせは

pleasurebookreading@email.plala.or.jp

(心のガーデニング)まで
| 発行について | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
心のガーデニング9・10月号まもなくできあがります!

「心のガーデニング」の9・10月号

まもなく発行となりました

今号の特集では、福岡県前原の一貴山で

自然農法をなさっている

鏡山悦子さんに登場していただきます。

「いのちの営み、田畑の営み」として

四季折々の自然の様子や、

日々の生活のくらしぶりなどを書いていただきました。


どうぞたのしみにお待ちくださいね!



連 載・・・

○ 未明童話を読む  ・・・ 飯田 正美 
○ リアスの海辺から  ・・ 畠山 重篤 
○ 出版編集の現場から ・・ 別府 大悟 
○ この一冊とこの一枚 ・・ 深井 美登里 
○ 古典の中の生活  ・・・ 末澤 明子 
○ 家読(うちどく) ・・・ 百田 乃里子 
○ アランタ・トラディショナル・ヒーリング
           ・・・ 飯嶋 秀治 
○ 一貴山だより   ・・・ 鏡山 悦子 







| 発行について | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
ブログランキングドットネット
人気ブログランキングへ!
人気ブログランキングへ
募金はこちら
心のガーデニング書房の本棚
福岡市内でイベント開催中です!
福岡青年センター5Fでは、 毎月「源氏物語講座」開催中! ☆たのしい集まりとなっています。 ご興味のある方はお気軽にぜひお越し下さい^^
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ