二十一世紀をむかえてひとりひとりが素敵な生き方をしたい。
そのささやかな足がかりとして「本が身近にあるくらしを」と願い発行を思いたちました。
すぐれた本は私たちを楽しませ生きる力を与えます。
「心のガーデニング」は、「読書の愉しみ」にまつわるメッセージを
皆様にお届けする福岡発信ブックガイドです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
太宰府探訪 九州の古代史探索
 九州の古代史探索シリーズ        -座学と現地視察をつなぐ


古代遺跡や神社の探索ツアー12回目は「太宰府」界隈。このエリアの古代遺跡を事前に調べてみて驚いた。古墳時代以前のものが見当たらず、政庁以降(7世紀後半‐通説)の史跡しかないのである。弥生時代から倭国の中心であった北部九州に空白のエリアがある。その謎解明がテーマの、意義深く楽しみな探訪となった。


太宰府探訪                       辻 浩史(2013.4.25記)


4月21日(日)9:30、JR大野城駅西口広場に参加者5名が集合。

今回も晴天ではあったが、冬に逆戻りしたような肌寒さの中スタート。

まずJR水城駅近くの「水城跡」へ。土塁を覆う樹木は、

前日の雨でより一層若芽が輝いている。堤に登り散策して見る。


内側の土手には花が咲き乱れ、戦の為に造られた施設とは思われない長閑さである。


道路際の案内板の解説は、日本書紀のほぼ書き写し。

「663年白村江の戦いで敗れた我が国は、

敵の大宰府侵入を防ぐために大急ぎでこの大堤を築いた」

と。ここには、大宰府政庁が設置された時期や、


その敗戦後郭務綜など唐・新羅の将軍が何回も進駐してきた事件など記されていない。


663年にはまだ大宰府政庁はなく、

この大事業がわずか1年で築かれたことになる。


しかも、平成14年に九州歴資料館が、

御笠川の東側で地盤を固めるための土台の木(敷きソダ)のC14を測定した結果は、

もっと古い5世紀~3世紀と出たが、

資料館側はなぜか水城とは関係ないとの公式見解を発表した。

(内倉武久氏:古田史学会報より)

もっと古い時代に水城は造られていたのである。


現在の水城は、7世紀末大宰府政庁が設置され、

その際「古水城」を補強したものではないか?

同時に、四王寺山に大野城を築いて防備を整備し、

防人達に守らせたと思われる。すると「古水城」は、

どんな規模で何のために築かれたのか。


3世紀以降中国は、五胡十六国~南北朝の時代。

朝鮮は三国時代といずれも騒乱の時代を経て、

やっと6世紀末から7世紀末にそれぞれ隋と新羅によって

統一されて行く。唯一日本だけがすでに4世紀大和朝廷が統一し、

北部九州もその勢力下にあったという定説(?)には

到底うなずくことはできない。


東アジア全域が緊迫し、倭国も乱れていた時代である。

この地域の地域王国(倭)も強大になり統合され、

北の守りを必要としたのではないか。


北部九州の神籠石が、太宰府を囲むように配置されているのも

偶然ではない。「古水城」と連携した砦と考えると倭国が見えてくる。

その水城は今、国道・高速道・鉄道などでずたずたにされ痛々しい。

 
国道3号線を横切り「筑紫国分寺跡」へ。

南斜面の高台から遠く筑後平野が一望できる。

8世紀初め、聖武天皇により全国に建てられた国分寺の中でも、

西海道統括の寺として、7重の塔を囲んだ大伽藍であったという。

 
隣の高野山真言宗の「国分密寺」を訪ねてみる。

綺麗に手入れされた庭には、いろんな花が咲き乱れまさに春爛漫。

ふと内から顔を出した住職が見学を許してくれ、

重要文化財指定の本尊「薬師如来」はじめ由緒深そうな御仏を拝観できた。


天皇により開かれた寺ゆへか、

神道の鏡を抱いている仏像に密教の奥深さを思う。


微笑まれているような仏像と、住職の人柄に心和むひと時となった。


案内資料によると、北の山麓に太宰府市ではめずらしい

陣ノ尾古墳(6世紀後半横穴式石室)の案内が出ていた。

(大宰府市の古墳は、ほかには成屋形古墳があるのみ)
      



水城


国分寺七重塔の礎石


薬師如来



国分蜜寺


住宅街を抜けて、北側から政庁跡に入る。

まずは資料館へ。全てが8世紀以降の資料でやはり、弥生~古墳時代の展示物はない。


当時の役人の食事や衣装と発掘された木簡、政庁・国分寺の模型など、

律令体制化の大宰府に絞った展示である。


外に出て、周りの景色を眺めながら遺構を一回りして見る。

江戸・明治・昭和と続く「都府楼」の石碑が、なじみの配置で立っている。

のどかな風景ではあるが、北に四王寺山を抱く丘陵地は、

南に御笠川、北西の鬼門の方角には宝満山と、まさに神仙思想の聖地である。


発掘調査により整備された礎石は、8世紀の初期の政庁遺構である。

この下に埋まる遺跡は7世紀後半になると、

それまで20年程度しか持たなかった掘立柱式に替わり、

礎石と瓦の恒久的な建築が登場したことで、

その後の行宮は、天皇一代ごとに遷宮されることがなくなった時代に入る。


しかし近年、その掘立柱の大型建築が弥生時代の遺跡からも数多く発掘され、

倉庫だけでなく祭殿などに使われた可能性が出てきた。

この丘陵地(聖地)に弥生の民が住んでいなかったとは思えない。

政庁と条坊制の町づくりで壊されたのか、まだ礎石の下に眠っているのか。

石碑から眺めた風景に、その思いをさらに強くした。


朱雀通を南に下り、通古賀の王城(タマシロ)神社へ。

祭神は武甕槌命と事代主命。もとは大城山塊のひとつ王城山にあったが、

大野城を築くときに現在地に移されたとの言い伝え。


通古賀は国衙のあった場所と推定されている。

すぐにまた北に向かい、政庁東の観世音寺に寄ってみる。

お茶会が開かれ、駐車場は満杯。


野点や濃茶席を楽しむ着物姿の風情に、

やはり太宰府の文化と歴史の重層さを感じる。

宝物殿は前回見ていたため、国宝の梵鐘と戒壇院を覗いてから、

ショッピングセンターで昼食。
       



大宰府政庁



都府楼石碑


王城神社


観世音寺


続いて、筑紫女学園大学正門右手の石穴神社へ。

奥の院の磐座を神体とする古い神社である。

稲荷神社として狐が出迎えてくれる。

「宇迦乃御魂神」を祭神としている。


神殿裏の奥の磐座は、森も深く荘厳な雰囲気に覆われている。

山の名は高雄山。古い形式であり、興味の尽きない神社であった。

しかし誰も訪れる人はいない。


大通りに出て、お祭りで賑わう太宰府天満宮を右手に見ながら、

宝満山麓の竈神社へ。縁結びの神社とされて駐車場は満車。

カエデの若葉に覆われた階段を登ると、大きな催事場が出来ている。


最近の繁盛のせいか、桧造りの銅板葺き。

若いカップルの参拝客が多く、石穴神社と比べ有名神社の賑わいには驚く。

祭神は、鵜茅不葺合(ウガヤフキアエズ)尊の皇后玉依姫。

修験の山であった宝満山頂に上宮が鎮座。


帰りは、四王寺山越えルートを取り、

四王寺山一の人気スポット焼米ケ原へ。


筑後平野を一望すると、島津軍を迎えるために基山と宮地岳、

そしてこの山の重要さが分かる。戦国時代までもその重要性は変わっていない。


途中にある百間石垣に登ってみる。

急な斜面に切立って造られている。

道路によって水門は破壊されたのか小さな渓流が横を流れている。


この山城は、日本書紀に記されているが、

記されていない前回訪ねた「御所ケ谷神籠石」とは

その石組が余りにも違う。


同じ目的で同じ民族が造った山城とは思えない。


もっと時代を高所から俯瞰して、

水城と神籠石の謎融きを行う必要を感じた探訪となりました。
        

石穴神社



磐座



竈神社



百間石垣

次回6月は、那珂川町の予定です。


| 九州古代史探索 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豊前探訪 九州の古代史探索ツアーレポート
 九州の古代史探索シリーズ        -座学と現地視察をつなぐ


古代遺跡や神社の探索ツアー11回目は、「豊前」京築エリア。

筑豊との繋がりが深く、物部・大伴活躍の舞台であり、

新羅から渡来したともいわれる八幡神の発祥の地である。


7世紀なると隋書俀國伝に記された

「竹斯国の東にあった華夏人の秦王国からさらに10余国を経て

海岸に達する」エリアでもある。


そんな謎解きの探訪は、やや肌寒い曇り空の下、

梅もほころんでいて訪問各所の人々は、温かく迎えてくれた。




豊前(京築)探訪                     辻 浩史(2013.2.22記)


2月17日(日)9:00、博多駅筑紫口に参加者6名が集合。

福岡都市高速から九州自動車道に乗って小倉南インターで降り、

昨年8月に訪ねた一ノ岳麓の古宮八幡、鏡神社を眺めながら

「道の駅香春」に到着。


ここで昼の弁当を調達して出発。

新仲哀トンネルを抜け京都(みやこ)に入る。最初の探訪地は、

御所ケ谷神籠石。記紀に記載のされていない方形の切り石積の山城で、

高良山の山城が「神籠石」と呼ばれていたことから

「コウゴウイシ」と名付けられた。

その目的については、おつぼ山の調査で「山城」に決着し、

水城、基山、大野城と同じ7世紀中の築造とされている。


しかしその景観と石積の技術は余りにも違う。

百済と高句麗・新羅系の韓半島の勢力争いの影を感じる。

特に御所ケ谷の水門の規模に至っては、御所という名前からして、

独立した王国の勢力圏を想像させる。


また石の加工は、中南米のマヤ・インカ帝国の石積にも通じる

緻密さと迫力を持っている。誰が何のために。

まだ解明されていないが北部九州でこれまで見つかっている8ヶ所の神籠石は、

倭国の都督府であった太宰府を囲む配置になっているのは偶然とは思えない。


この城の位置からすると、瀬戸内からの上陸に対する砦として、

7世紀以前に築かれた九州王朝の山城ではないのか。


この丘に立ち遠くに蓑島を望み、古代海岸線が入り込んでいた姿を想像すると、

その感をさらに強くした。奥の院は次回の山登りの楽しみにして、

山を降り豊前国分寺へ。しばらく走ると丘陵地に塔の宝輪が見えた。


8世紀の創建当時は七重の塔だったというが、

明治時代に復元された今の三重塔でもその存在感は十分だ。


周囲の梅林園は、すでに3分咲きで梅見の客が訪れていた。

昼食は予定の戸外が肌寒くなったため、

豊津町の歴史資料館の好意により室内で取ることができた。感謝。

資料館は、国分寺と同じ瓦葺きで展示も内容のある施設であるのに、

訪れている人はやはり少なかった。

 
     
 御所ケ谷神籠石

 

 (精密な加工技術)



国分寺



歴史資料館


ここから北に向かい政庁跡を訪ねる。

太宰府政庁と同様の大規模遺構であり、

大和朝廷における豊前国の重要性が示されている。


この地は、古代から独立した地域王国として、

常に「豊国」の中心地であり、太宰府への勅使道の玄関口として

栄えていたのだろう。


その伝承は、次に訪ねた「豊日別(草場)神社」の社伝に記されている。

ここに豊日別命を祀ったのは、大伴神牟禰奈里(オオトモカムムネナリ)。

 
悲恋秘話の松浦佐用姫と大伴狭手彦の子であり、

その子孫は今もこの地方十数社の神主「神(コウ)氏」

として続いている。


この地を本拠地とした「大伴」は、

邇々岐命が降臨した時に隋神した天忍日尊を祖とし、

その13世の孫、大伴金村がこの地に「継体」を迎えたのではないか。


物部麁鹿火とともに「磐井の乱」を鎮圧した武将でもある。

日本書紀によると6世紀、継体が即位したのは河内の

「樟葉(クスハ)宮」というが、この「草場(クサバ)」の可能性を感じる。


大伴は、その後大宰府に赴任した万葉歌人

「大伴家持」まで常に九州との繋がりが切れない。


また饒速日命に始まる「物部」は、遠賀から鞍手を本貫としている。

ここ竹斯(筑紫)の東の「秦王国」は、

大伴・物部と半島からの渡来系氏族(アメヒボコ・息長・秦・辛嶋)とが

複雑に絡み合っている。


華夏人の足跡は見えないが、どちらかの氏族と「秦」は

繋がっていると思われる。また乱の直前に、

継体は物部麁鹿火に統帥のレガリアである「マサカリ」を与えるから、

「長門より東は朕が、筑紫より西は汝之を制せよ」と謎の詔勅を行っている。


するとこの乱は、豊を中心にした北部九州での勢力争いであった

可能性がある。大伴の系図にはその繋がりは見えないが、

鎌倉時代以降の豊後の守護大名が「大友」というのも因縁めいている。
       


 

豊前政庁跡



豊日別神社         




須佐・高祖神社


続いて、須佐神社。素盞能尊を祀る「須佐神社」と

天御中主・高御産霊・神御産霊を祀る「高祖神社」が並列された

珍しい形の神社である。


北に蓑島、前に祓川河口の古代の港見下ろす丘に建っている。

地域の氏神と北部九州における祇園信仰の中心である。

しかし、この2社が並存する由来は、社伝では定かでない。


今日の最後の探訪は、北部九州屈指の規模を誇る、御所山古墳。

九州では希少な「環濠付」前方後円墳であり、

大和朝廷の県主の墓と謂われる。


葺き石に覆われていたと想像される丸石が覗いている。

墳丘には、大巳貴を祀る「白庭神社」が鎮座していた。

この古墳は、5世紀後半の築造であり、継体が即位(507)する

わずか前の時代の史跡である。


豊前の県主クラスの人物が埋葬されているというが、

豊前王国末期の時代にあたり、歴史の見直しを「大巳貴」が

訴えているように見えた。

これまでと比べると狭い範囲であったが、

内容の濃い探訪となり再訪の必要があると思った。
 



御所山古墳






白庭神社
| 九州古代史探索 | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古代史探索ツアー@福岡 卑弥呼から神功そして壬申の乱へ至る伝承をたずねて
 第10回 古代史探索ツアーのお知らせ

朝倉街道と筑後川湖畔紀行

大和三輪王朝と繋がるかもしれない
三輪エリアから
卑弥呼の里をうたう甘木エリア、

そこここに散在する神功伝承地・景行の行跡

そして白村江戦の拠点「朝倉宮」辺りを
軸に訪ねていきます。


ふたつの「美奈宜神社」や
「日岡・月岡古墳」の謎にも触れてみます。

古代史の重要な舞台であったはずの
エリアですが

明確な定説らしきものは皆無で、
ストーリーづくりは自由、

その材料には事欠きません

日時 平成24年12月16日 日曜日

集合 9時半JR大野城駅西口(時間厳守)

定員 8名

開始 2,500円(資料代含む)


これまでの古代史ツアーの詳細など、
詳しくはこちらからご覧下さい







続きを読む >>
| 九州古代史探索 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第6回 九州の古代史探索ツアーのお知らせ
ともすれば、軽視されたり無視されてきた佐賀(肥前)の古代史。

今回は吉野ヶ里だけではない奥深いものを秘めていそうなこのエリアを探訪します。 重要な訪問地は丸山遺跡、金立神社、与止日女(よどひめ)神社、国分寺跡、肥前国府跡 などで、ちょっとした秘境(?)にも行ってみたいとおもっています。


 期日は4月29日(日) 定員は残り2名ですが、マイカーで移動しますので 車をお持ちの方であれば、プラス4名となります。 集合場所、時間等くわしいことは以下のところにお問い合わせください。

心のガーデニング書房「九州の古代史探策シリーズ」係
TEL 092-582-2555(六百田 道生)

座学は5月27日(日)10:00〜12:00
第6回古代史基礎講座「古事記概観」(景行〜応神)を
赤煉瓦館(福岡市文学館)福岡市天神1丁目で行います。
新規会員募集中です。

| 九州古代史探索 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
九州古代史探索シリーズ 座学とフィールドワーク
九州古代史探索シリーズ
いまなぜ九州の古代史か 六百田 道生


-この企画の方向性と概要


 私たちが学校で学んできた日本の歴史は、

一言でいえばでたらめです。

現在でも、ほとんどの歴史関連出版物には、

因果関係やその後の推移はもちろんのこと

人物の相関や設定など、著述者によって

かなり恣意的かつ偏向的な表現が目立ちます。

とくに古代史と近現代史がひどい。

政治や外交の力学に左右された、

ときには私利私欲 による論調も目立ちます。


  私たちの基本姿勢は、まず「通説」を忘れて

一から学びなおす、そして自分が 肌で感じ、

心から肯けるものをつなぎ合わせてストーリーを

完成させていくというかたち、 これでいきたい。

どうせ『定説』はないのだから。 


日本の古代史は およそ弥生時代以降から始まっています。

そして初めから 「近畿大和朝廷が統一国家を形成してきた」

という大前提が準備されてきました。

「そんなバカな」が、私たちの出発点です。


近畿に日本の「首都」が移るのはせいぜい

七〜八世紀以降、それまでの日本(倭)の首都は

北部九州にしか存在できないのです。


それを確信するために、この企画があります。

裏づけ(証拠)にはこと欠きません。


  座学と現地視察はそんな証拠探しの旅です。


指針1  歴史とは総合科学である


指針2  日本列島住民・全員参加の視点


指針3  古代史の始まりは地方国家から


指針4  通説は信用するべからず


指針5  学習してから現地へ


指針6  面白くなくては古代史ではない


おまけ  ついでの物見遊山もどん欲に


 現在、座学(奇数月)は

「古事記概観」(日本書紀と対比)6回目、

次回から景行から 仲哀・応神・仁徳と続きます。

  現地視察(偶数月)は糸島・宗像・東区と

粕屋・旧筑紫から小郡・飯塚と香春などを巡り、

次が6回目です。


縄文遺跡なども視察するので考古学も少し勉強します。

問合せ先 心のガーデニング事務局  090-6777-5353(明神)


| 九州古代史探索 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
ブログランキングドットネット
人気ブログランキングへ!
人気ブログランキングへ
募金はこちら
心のガーデニング書房の本棚
福岡市内でイベント開催中です!
福岡青年センター5Fでは、 毎月「源氏物語講座」開催中! ☆たのしい集まりとなっています。 ご興味のある方はお気軽にぜひお越し下さい^^
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ